おしらせ 常設 店内 スケジュール 過去の展示 掲載誌 案内地図 リンク クラフトの店 梅屋
back-namber news     2006    2007   2008   2009 2010  2011    2012  2013  2014 2015 2016
                                         
 2016 back-namber                                        戻る
 
 
2016年 展示会 
 
 
 
  石 原 稔 久 展  「一 巡 り」
2016年12月3日(土) ― 12月11日(日)11:00 -18:00
作家在店日 : 12月3日(土) 会期中休み : 12月6日(火) 

戌から始めた干支の人形。
一巡りしたらやめようと思いながら12年。
酉を作り終えてもう一周してみようかと思っている。
二巡りを踏み出す前に、どんなものを作ってきたかたどってみた。 石原稔久

干支の人形のほか、カップや鉢などのうつわも届きます。
 
 
 
 
  赤 木 明 登  漆 展

2016年10月29日(土) ― 11月6日(日)
作家在店日 : 10月29日(土)
会期中休み : 11月1日(火) 11:00 -18:00

毎日の食卓に漆のうつわをひとつ。
思っているより扱いはずいぶん簡単で、炊きたてのあつあつのごはんを盛っても、できあがったお味噌汁を注ぎ分けても、油で炒めたお肉や野菜の料理を盛っても、心配はいりません。ごはんの後は、洗って拭くだけ!毎日こうして使っていると、漆のうつわはぴかぴかになっていきます。艶がでて堅くなっていきます。うつわひとつで、こんなにうれしい気持ちになれるとは。うつわひとつでこころ豊かに暮らすこともできる。堅牢な漆のうつわは一生に一つで十分といえるほどのたくましさです。

 
 
 
 
   
   
  山口和宏 展

2016.9.17(土) ― 25(日)
会期中休み : 20(火) 11:00 -18:00

山口さんのつくる栗の木のリム皿がだいすきです。
栗は木もおいしいのか、虫食いのあとがあるものも多いとききます。その、虫食いのあとも好きで、虫食いの栗の木のお皿をリクエストしたこともありました。
写真は栗の木のトレー。
縁の立ち上がりがしっかりと手がかりになり、お盆としてもたいへん便利に使っています。ナラやクルミ、チェリー、チークなど木の個性もじっくりご覧になってみてください。
写真は左上から時計回りに 山口さんの木のうつわいろいろ・山口家のおひるごはん・山口さんのちいさな木工所・クリの木のトレー

 
 
 
    ウスタニ・ミホ 展

2016.7.23(土) ― 31(日)
会期中休み : 26(火) 11:00 -18:00

リネン布にフリーハンドで墨描きしてからワンピースやジャケット、パンツ、スカートに仕立てました。
透明感が際立つ素材のピーニャは、藍絞り染めでショールに。
そのほか、クッションやタピストリー、テーブルランナー、バックやポーチもご紹介します。
 
 
    at a table

2016.6.18(土) ― 26(日)
作家在店日 : 18(土)   会期中休み : 21(火)

食卓で、たのしみをもってつかいたい
器やカトラリーをご紹介します。

アキヒロジン (木)… ジンカップ・ウッドボウル・プレートほか

菊地流架 (真鍮)… スプーン・フォーク・レードル・ペーパーナイフほか

十場天伸 (陶) … スリップウェアのお皿、ボウル、カップ、耐熱皿ほか

 
 
 
    mon Sakata の 服

2016.5.14(土) ― 22(日)
作家在店日 : 14(土)   会期中休み : 17(火)

わたしたちが思いもかけない
ひらめきやセンスがつまった坂田敏子さんのつくる服。

日々のいろんなことに驚きをもったり、感動したり、発見したり、常にその真っ白な坂田さんがうつしだされている
mon Sakata の服。
今日はなにを着ようかな!
どうぞたのしみにおでかけください。

ジャケット、シャツ、ワンピース、スカート、パンツ、
アームウォーマー ほか。

    fabrica . 鞄展 (受注会)
2016.4.9(土) ― 17(日)
作家在店日 : 10(日)  11(月)  17(日)   
会期中休み : 12(火)

鞄をはじめとする、小物などのジャパンメイドプロダクト
「fabrica . 」の受注会を行います。
現在製造されていない貴重なシャトル機で、代々職人の手で撚糸から製造まで一貫生産している地場産業「倉敷帆布」。
fabrica.では、その中でも特に生産が難しいといわれる特級の先染めの9号帆布に撥水加工を施し、洗いをかけ独特のシワ感を出しています。そのいくつもの工程を重ねた別注生地と、環境に良いとされる植物性タンニンなめしのヌメ革を熟練の職人が丁寧に縫い合わせ製作しています。帆布と革それぞれの独特の深い焼け感などの風合いがしだいにでてくるのを楽しみながら使っていただけたらと思います。

今回は新色の黒が登場!
バックインバックの新作もお披露目します! 日記帳もごらんください。
     三谷龍二 木の器

2016.3.12(土) ― 18(金)
作家在店日 : 12(土)   会期中休み : 15(火)

春の福岡に伺うのを楽しみにしています。
普段使いの木の器、そして漆の器によって、
すこしでも暮らしが楽しくできたらと思っています。


すきな器ひとつでも、
暮らしはゆたかに変化していきます。
みなさんもひとつすきな器を
えらびにいらしてください。

茶托、リム皿、漆角皿、カッティングボード、ケメックスの取っ手など、会期中最終日までご紹介しています。
どうぞおでかけください。
        
メール
Copyright (C) 2006 クラフトの店 梅屋 All Rights Reserveed.