おしらせ 常設 店内 スケジュール 過去の展示 掲載誌 案内地図 リンク クラフトの店 梅屋
back-namber news     2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016
                                         
 
■日記帳
梅屋の日々を写真でご紹介しています。
フェイスブック
アカウントは、 クラフトの店梅屋 です。
fbページにて、梅屋の日々をご紹介します。
     
         小野哲平 展  店内
営業時間  OPEN 11:00 >>> CLOSE 18:00
定休日  月・火曜日   *ゴールデンウィーク期間中も、月・火曜日はお休みします。
■展示会のご案内 
 
 



小野哲平 展
2018.4.14(土) -4.22(日)
11:00~18:00
最終日 17:00まで◎作家在店日:14日(土) ◎会期中休み:17日(火)

今年の1月に、高知県谷相にある小野哲平さんのご自宅と工房を訪ねました。哲平さんの暮らしそのままが、哲平さんのつくるものなのだと、ただただほんとうにそうでした。暮らしのなかから生まれてくる暮らしのためのうつわで、そうしてそれはわたしたちのちいさな暮らしのなかでしみじみと使われていく。ひとつひとつのできごとを大事にうけとめてくれて、ともに喜びをたくさんの言葉なくとも通じあってわかちあえる小野哲平さんの、力づよくたくましい、うつくしいいうつわ。

飯碗、湯呑、皿、鉢、ポット、カップなど。
写真の大きな作品も届きます。会期中、ぜひおでかけいただき器をどうぞ手に取ってご覧ください。お待ちしています。
 
  
 
■入荷のおしらせ
 
小野セツローさんのかんざしがとどきました。  03 .28
石原祥充さんの片口、急須、汲み出しがとどきました。  03 .28
篠竹の脱衣籠、真竹の茶碗籠などご紹介しています。  03 .28
三笘修さんのリム皿、取り皿、煎茶碗がとどきました。  03 .14
山口和宏さんのクルミのパン皿がとどきました。  03 .05
赤木明登さんの銘々皿がとどきました。  03 .03
comaさんの手紡ぎ糸、手織りの布巾がとどきました。  02 .10
石釜健康茶  オリジナルブレンドのお茶です。13種類の野草を飲みやすい味に仕上げました。 
 
 
 
 
koyaを使っていただける方を募集しています。 
週末喫茶・ワークショップ・お料理教室・作品展など、いろいろな用途でご利用いただける貸しスペースです。ご利用基本料金 1日¥2200です。1日だけのご利用も受け付けています。7坪ほどの広さです。ガス・冷蔵庫・冷暖房あります。
詳しくはお問い合わせください。092-872-8590(梅屋まで)
 
             
 ■過去の展示会
 



「編みぐみ細工 展」
2018.3.10(土) -3.25(日)
11:00~18:00
最終日 17:00まで◎会期中休み:月.火曜日

編みぐみ細工とは、野山に分け入り田畑で育てた自然のめぐみを材料に、ひとの手で編まれたいろいろなもの。日本各地でつくられたさまざまな編みぐみ細工をご紹介します。

山ブドウのかご、クルミのかご、真竹の籠、篠竹の笊、箒、草で編んだ花入れや小物入れ、そのほか。
 
 
 



「梅びより」おまつり市
2018.2.10(土) -2.25(日)
11:00~18:00
最終日 17:00まで◎会期中休み:月.火曜日
*12日(祝・火)は営業します

12年ぶり!の「梅びより」おまつり市をひらきます。
うつわ(磁器、陶器、染付)、土鍋、作り手の方々からお蔵入りになっていたものなど届きます。また布、服、アジアの雑貨小物、古物も並びます。おまつり価格の「梅びより」
ぜひおでかけください。大小いろんな火鉢もご紹介します。
(常設のものは通常どおりの価格になりますのでご了承ください。)

 
 
 



Classico ten
暮らしのことに関わる10人展
2017.12.2(土) -12.24(日)
11:00~18:00 最終日 17:00まで◎会期中休み:月.火曜日
◎作家在店日:決まりましたら随時お知らせいたします 

*有永浩太(ガラス) *安藤由紀(木工) *お米農家やまざき(米) *工房日々く(注連縄) *佐藤もも子(染付) *長野大輔(陶器) *ハルカゼ舎(文具) *fabrica.(帆布鞄) *miyazono spoon(木匙) *よつめ染布舎(布)

梅屋では第二回目の開催となります(通算4回目)「Classico ten」。常設ではなかなかご紹介できる機会のない若手作家10人の作品をご紹介いたします。1年のしめくくりの12月。あのひとへの贈り物にもきっといいものが見つかると思います。新年を迎えるにあたって、工房日々くさんの注連縄も届きます。ぜひ、おでかけください。
 
 
 



石原祥充 陶展

2017.10.21(土) -10.29(日)
11:00~18:00 最終日 17:00まで
◎作家在店日:21日(土) ◎会期中休み:24日(火)

日々、土と向き合いこつこつつくりあげた土の器を、薪窯の炎にゆだねて焼き上げる。細やかな心もうつしたその器は、炎につつまれ彩をまとってあらわれる。窯場では真剣そのものの石原さんもひとたび庭にでると、栗を拾って茸をみつけてよろこび、晩ごはんの献立をめぐらせている。丁寧に毎日を生きているからこそ生まれるものってすこやかなもの。里山を歩いてみつけた草花を気持ちにまかせて活けたくなる、そんな花器も並びます。

 
 
 






福 田 敏 雄 漆展

2017.9.16(土) -9.24(日)
11:00~18:00 最終日 17:00まで ◎会期中休み:19日(火)

石川県輪島市にて、日常使いの漆器を製作しておられる福田敏雄さんの展示会です。手にもったときの高台のあたりのまるみ、お汁を飲むときのくちびるにあたるゆたかな感触。福田さんのお椀のすきなところは、そのやわらかさ、やさしさです。

「どこにもないものを作ろうとは思っていません。何でもないようで、何かいい、そんな感じがいいですね。」福田敏雄

椀、丼、ぐいのみ、コップ、皿、鉢、盆、姫重、折敷などご紹介します。

 
 
 
  小野セツロー + 早川ユミ 展

2017年7月7日(土) ~17日(祝・月)11:00 -18:00
◎早川ユミさん在店日:7日(金) ・8日(土)
◎会期中休み:11日(火)

ぐみ、あざみ、水引草・梅屋の庭の草花も、セツローさんのスケッチブックにはたくさん描いてもらいました。土人形やかんざし、スケッチ、わたしたちのハートをあたたかくしてくれるセツローさんのつくるもの。

早川ユミさんは、つくることの種まき、考えることの種まき、そして谷相の畑の種まき、をしながら、ちくちく毎日の服をつくっています。ワンピース、もんぺ、スモック、エプロンなどがとどきます。

 
 
 
横山秀樹 吹き硝子展 

2017年6月10日(土) ― 6月18日(日)11:00 -18:00
作家在店日:10日(土)・11日(土) 会期中休み:13(火) 

横山さんがあるとき「いま一仕事終えてのどが渇いたので水を一杯飲みました。みなさんが、水もおいしく飲めるコップだといってくれるけど、どういうものかとおもいながら飲んでみました。」と電話で話したことがあります。この手触りと唇につけたときの感触はなんだろう。他とはちがう、体感するとずっと覚えている横山さんのコップ。
このたびも、定番のコップいろいろ、片口や栓付き瓶などご紹介します。      
 
 
 
 




  髙見八州洋 + Crafty 

2017年5月13日(土) ― 5月28日(日)11:00 -18:00
作家在店日:13日(土) 会期中休み:月、火曜日 

竹林の清々しい風が吹き抜ける工房にて日々製作に励まれる髙見八州洋さん。生活の中にあって心までもゆたかにしてくれる美しくも頼もしい作品です。食卓を彩る盛り籠、パンかご、花籠、屑籠、脱衣籠などが届きます。Craftyオリジナルの、竹かごに布や革を組み合わせたバックやベルギーリネンの服も一緒にご紹介します。かごバックシリーズはトート型、巾着型、結ぶ型などフルラインナップが揃います。新作もお披露目の予定です!

 
 
 
 
  白 White Patchwork from INDIA

2017年4月8日(土) ― 4月23日(日)11:00 -18:00
会期中休み :月、火曜日 

伝統の布の宝庫であるインド・グジャラート。
染め、織り、刺繍、パッチワーク、さまざまな布の仕事が受け継がれています。白のオーガンジーに白の木綿を重ねたホワイトパッチワークは、伝統の技、伝統の柄がモダンに表現され、中世のころに出来上がったスタイルです。クッションカバー、ベットカバー、テーブルクロス、デュパタなど、美しい白の世界をご紹介いたします。

 
 
 
 
  ヒマラヤから春色・布・衣
真木テキスタイルスタジオ 展  

2017年3月18日(土) ― 3月26日(日)11:00 -18:00
会期中休み : 21日(火) 

ganga工房のあるインドヒマラヤ7山麓は、一足先に春爛漫。菜の花や果樹の花が咲き競っています。
繭から糸を引き、草木で染め、織る。
それらはすべて「手」から生み出されるもの。
暮らしの中の手わざを拾い集めたものづくりを続けています。
ganga工房の春色を、布を通して感じていただけたら幸いです。

真木千秋
 
 
 
  東北の手しごと 展  

2017年2月11日(土) ― 2月26日(日)11:00 -18:00
会期中休み : 月、火曜日 

山ブドウ、クルミ、アケビ、篠竹、ヒロロ、さまざまな自然の素材で編まれた暮らしの道具。東北の地で、作り使いつづけられている手しごと。年に数回、現地を訪ねるカゴヤの原野さんが、作り手の方々から分けていただいたものばかりです。手提げかご、笊、篭、箒。織物、焼き物などもご紹介します。19日(日)は、クルミの木の皮でつくるアクセサリーのワークショップも予定しています!
  
  
 
 
 
  持丸房子  山下玉枝  人形 展  

2017年1月14日(土) ― 1月29日(日)11:00 -18:00
会期中休み : 月、火曜日 

佐賀県嬉野市の人形窯より、新春の梅の香とともにお人形が届きます。持丸房子さんの代表作「乙姫と竜王」ほか、
ひな人形、五月人形もご紹介します。
メール
Copyright (C) 2006 クラフトの店 梅屋 All Rights Reserveed.