おしらせ 常設 店内 スケジュール 過去の展示 掲載誌 案内地図 リンク クラフトの店 梅屋
2011/2012 backnamber     2013/2014 backnamber     2015/2016 backnamber  
2017/2018 backnamber     2019/2020 backnamber
 
 ■日記帳 21.4.15
4月10日(土)からはじまった三笘修さんの作品展。
お皿、鉢、湯呑、コーヒーカップ、片口、急須、菓子皿などご紹介しています。
落ち着いたたたずまいの中にも華のある三笘さんのうつわ。
ぜひ、手に取ってご覧ください。18日(日)まで開催です。

中国茶をたのしまれておられるお客さまのお話をきいていると、わたしも興味がわいてきました!
三笘さんは中国茶器も作っておられます。
ままごとのように、ちいさなうつわで香りをたのしみながら味わうお茶の時間もいいですね!

菓子鉢に使いたい輪花鉢や台皿、角皿も、そして小さなちいさな豆皿も素敵です。

 
   
 
   
  21.4.01
石原稔久さんの抹茶碗。先日、お天気も良かったので糸島の海へでかけて砂浜におりてお弁当を食べました!その後、お抹茶で一服。春の海を見ながら、波の音をききながらいただくお茶は思った以上に美味しくしあわせでしたー。おじろ角物店さんの豆腐かごは、そんなときも大活躍で、お茶と器とお菓子をいれておくのにちょうどいいのです。写真の茶碗もこぶりで、おさまりもちょうどよく、日々のお茶の時間につかいたい器です。

蚊帳織の布巾が届きました。真っ白のものと、こんなにかわいいお花の布巾も!キッチンにこんなたのしさがあるのもいいですね!

おくりもののお店「モクレン」さんの庭に、今年もたくさんのモッコウバラが咲いていました。10年前に植えた小さな苗が大きく育って、今では屋根まで届いてたくさんたくさんの花を咲かせています。とってもいいかおり!!いただいたお花を竹かごにいれました。かわいい!

 
   
 
  21.3.22 
真木テキスタイルスタジオ展「新しい春、新しい色」が3月20日(土)からはじまりました。

ヒマラヤの麓のganga工房より、春色の新作を含め、さまざまな織り方、さまざまな素材(シルク、ウール、麻、芭蕉)のストールが届きました。色もさまざま。いろんな植物から、こんなにもたくさんの美しい色をひきだして糸にうつして布を織りあげる真木さん!

ベッドカバーやシーツ、ぺたんこ座布団、ティーマット、ランチョンマット、切り売りの布いろいろ。
暮らしをゆたかにしてくれる真木テキスタイルスタジオの布。

会期は28日(日)まで。手に取って、太陽の光の中で纏って、ぜひごゆっくりごらんください。

 
   
  21.3.10
 
2月20日からはじまった「山のめぐみ展」。今年も宮城、福島、青森から編みぐみ細工がとどきました。定番の起き上がり小法師も!かわいい!

案内状に掲載した宮城の米とぎ笊は、毎日の台所仕事の相棒にたくさんのご注文をいただきました。竹笊は使ったらせっせと水を切ってくださいね。そうすれば長くながく使うことができます。

今回の展示会でご紹介した内容は、少しづつではありますが常設にてご紹介していきたいと思います。通信販売も承りますので、ホームページやフェイスブック、インスタグラムに掲載しているものでご希望のものがありましたら、どうぞご遠慮なくお問い合わせくださいませ。

篠竹の山菜採りかごにいけているのは、さくらんぼの花!一番に咲く桜の花です。きれい!とってもよいかおりでした。もう、春ですね!うれしい!

 
   
   21.2.11
新年あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくおねがいいたします。
2021年になって、もう1か月すぎてしましました!が、旧暦では明後日2月12日が1月1日です。

ルナワークスさんの旧暦ダイアリーを使うようになって早7年くらいかな??
月の満ち欠けとともに移ろう季節の暦を知りました。ご興味あるかたは、梅屋でもまだしばらくご紹介していますので手に取ってご覧になってみてください!

2月20日から「山のめぐみ」と題しまして、東北地方を中心に編みぐみ細工、民陶、台所道具などをご紹介いたします。それまでは常設展です。百田司さんの清々し染付の器もとどきました。
漆の器ともよく似合います。手描きならではの繊細な染付が魅力的です。

昨年の写真をみると、今年は梅の花がおそいようです。1本だけ、下の梅林に花をさかせている木があります。そばに行くと、ふんわーりよいかおり!

 
   
メール
Copyright (C) 2006 クラフトの店 梅屋 All Rights Reserveed.